B-2 13:15〜14:45
「働き方改革関連法案のポイント」と企業に求められる実務対応

概要

話題の働き方改革関連法案の審議が国会で始まります。
この法案で多くの企業が対応すべき共通課題は、生産性向上を前提とした「労働時間の管理」です。
法案には、労働時間の罰則付きの上限規制、年5日年次有給休暇の取得義務、過重労働対策、フレックスタイム制や裁量労働制の規制緩和、柔軟な働き方を実現するための対策も含まれています。
法案内容を理解し自社制度の見直し、実務対応、運用改善に繋げていくことが重要です。
本セミナーでは、法案のポイントと実務への影響、今企業に求められる具体的対応について、分かりやすく解説します。

講演者情報

応研株式会社
社会保険労務士事務所アチーヴ

×閉じる